オルリスタット

オルリスタット

オルリスタット

探している "オルリスタット"?

記事 オルリスタット

どのような記事何についてGoogleで見つけることができます オルリスタット:

記事 #1

脂っこい食べ物をカットしてくれカットしてくれる!!

私の大好きな「ステーキ、牛丼、焼き肉」などのの脂っ濃い食品。

食べるときはおいしくて、ストレスを解消できると思うのですが、余り食べ過ぎることで、体中に脂肪が溜まってしまいます・・・

そりゃ~食べた後にでも計画的な運動をすれば、それなりの体重を維持することは出来ると思いますが、毎日のように継続することは難しいです・・・運動やダイエットは難しいけど、美味しいものをたくさん食べるのは簡単ですから、、

我慢をすればストレスがたまるしぃ、、、。

このストレスが原因でより一層食べてしまう・・・

オルリスタットになります。

オルリスタットを食事前に服用するだけで、脂肪分も30%カットしてくれるわけなんですね!!

こんな私のわがままをかなえてくれる、夢のようなダイエット薬オルリスタット!!

 

オルリスタットがリパーゼを抑制

日本ではそこまで知名度は無いかもしれませんが、欧米では人気度が高く世界17ヶ国 4000万人以上が使われているそうです。

あくまでもオルリスタットは主要成分名で、製品名としては「ゼニカル、ビーファット、オルリファスト、アライ、オベリット」などがあります。

同じ成分で、販売している会社が違うために商品名が異なるということになります。

オルリスタットの効果としては、腸内のリパーゼの分泌を弱める働きがあり、これが脂肪になりにくくなります。

っと、その前に、リパーゼって何?っという人も多いかと思います。リパーゼは、脂肪を吸収して、体全体に脂肪を分散する役割があります。

体の役割としては大切なことで、体に脂肪を送ることは必要です。しかし、過剰に脂肪がたまると、太りやすい体になるわけで、見た目や体重に影響を及ぼします。

低下すれば、腸で脂肪を吸収しずらくなるために、体全体の脂肪にも繋がらなくなり、そのまま大便と一緒に脂肪が排出されます。

ただし、食べた肉などの脂肪を全て吸収せずに排出するわけではなく、30%になります。

 

効果だけでなく副作用もある

日本の厚生労働省ではまだ許可されていませんが、米国では肥満治療薬として許可されているオルリスタットですが、「胃のむかつき」が起こる可能性があると言われています。

下痢

油性の下痢

その他、下痢だけでなく、気を抜いたときに”ぷ~”っとおならが出てしまうこともあるそうです。

たとえ効果はあったとしても、その他の副作用が起こることを理解しておかなくてはいけません。

 

偽物には騙されないこと!!

どこで購入をするのか?

私も最初はそこまで考えていなかったのですが、オルリスタットは国内では取扱いしていないために、購入するためにはインターネットの通販を利用します。

でも、別にインターネットでオルリスタットを買うことなんて”へっちゃら”でしょ~?

っと思うのですが、確かにオルリスタットを販売しているお店はインターネットの中にたくさんあります。私もいろいろみたのですが、約15~20店ほどで見かけました。

偽物

確かにオルリスタットも安い商品ではないので、ネットで偽物として悪毒商品として販売する会社もある・・・。日本だけでなく、世界で4000万人以上もオルリスタットを利用している人がいるので、簡単い騙せるはずぅ、、、。

なので、私は本当に信用できるお店で購入しています。

 

信用できる個人輸入販売店で購入

私は「オオサカ堂」というお店で購入しています。

どうして私がこちらでオルリスタットを購入しているかというと、他の販売店よりも信用性が高いからです。

検査機関による証明書

まぁ、このようなこと国内だと当たり前なんですが。でも海外の医薬品になると信用性を求めてしまう。

もしかしたら他にも「検査機関、安いオルリスタット」あるかもしれないので、購入を考えている人がいたら色々なお店チェックして見てください。

 

Source: http://xn--kck4asqz4rg7612dwqc5segs0v.com/



記事 #2

オルリスタット
IUPAC命名法による物質名
IUPAC名 [(1S)-1-[(2S,3S)-3-ヘキシル-4-オキソオキセタン-2-イル]メチル]ドデシル] (2S)-​2-ホルムアミド-4-メチルペンタン酸
臨床データ
ライセンス EMA:リンク、US FDA:リンク
胎児危険度分類
  • AU: B1
  • US: B
  • 法的規制
  • AU: 薬剤師取扱薬(S3)
  • UK: 薬局販売医薬品
  • US: OTC
  • 投与方法 経口
    薬物動態データ
    生物学的利用能 僅か[1]
    血漿タンパク結合 >99%
    代謝 GI tract
    半減期 1 ~ 2 時間
    排泄
    識別
    CAS番号
    (MeSH)
    96829-58-2
    ATCコード A08AB01 (WHO)
    PubChem CID: 3034010
    DrugBank APRD00255
    ChemSpider 2298564
    KEGG D04028
    化学的データ
    化学式 C29H53NO5
    分子量 495.735 g/mol

    オルリスタットオーリスタットオリスタット

    副作用[編集]

    関連項目[編集]

    • セチリスタット

    脚注[編集]

    外部リンク[編集]

    • グラクソ・スミスクラインのHP
    • ロシュのHP
    この項目は、薬学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:薬学/Portal:医学と医療)。

    Source: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%88



    動画を見ます オルリスタット

    あなたは、YouTube上で見つけることができますどのような:

    ダイエットのゼニカルを個人輸入・通販で購入してみた
    オルリスタット